スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フォームタイプ

 2011-04-09
SHURE SE535


この前はシリコンタイプで評価をしましたが、今回はフォームタイプで評価をしたいと思います。
結構変わるんですよ~


低域
量が結構増えました。ベース、ドラムがしっかり出てきます。それでも遅れているということはなくスピードに乗れます。ノリノリになれますね。個人的にはこれが結構好きだったりします

中域
若干引っ込んじゃったかなという印象です。シリコンに比べ前には出てこなくなりました。それでも聞こえにくいということはありません。主張するところはちゃんと前に出てきてくれます。

高域
ここが一番被害を受けてしまいます。量がへって、薄くなってしまいました。高音最高!という人にはおすすめできませんね。ただ、別の言い方をすると刺さることが無くなったので聴きやすくなりました。


音場
シリコンに比べて狭くなっちゃいましたね。フィット感がよくなった分、圧迫感があり、高音も伸びが少なくなってしまったのが影響しているのでしょう。それでも手持ちのCKS90に比べれば広いです。そこそこの広さといった感じでしょうか。

フィット感・遮音性・音漏れ
最高です。ピッタリフィットします。ランニングなんかしても外れることはありません。また、遮音性がかなりいいので電車内でも快適に音楽に集中できます。音漏れはしません。するような音量だったら耳が壊れてしまいます。
ただ!遮音性がよすぎるので周りの音がほとんど聞こえません。なので、自転車に乗って使うのは絶対にやめてください。事故につながります。また、歩いているときも周りには十分注意してください。フラフラしていたら自転車とぶつかったなんてことになったらとても悲しいですからね。

ホワイトノイズ
かなり多いです。嫌いな人は要注意です。


こんなところでしょうか



今回も使用したのはwalkmanA855です。
あ、ちなみにイコライザなどでの味付け、リケーブルなどは一切しておりませんので。


また、質問などありましたら気軽にコメント欄に記入しちゃってください。



じゃ
スポンサーサイト
タグ :

今の環境

 2011-04-07
今のポータブルオーディオの環境


DAP:walkmanA855、iPod touch3G 8GB (もっぱらwaklmanを使ってます)


イヤホン:SHURE SE535、オーディオテクニカ ATH-CKS90


です。


ポタアンはまだ持ってません。
買いたいけどどうしてもイヤホンとかに目が行っちゃうんだよね~。


walkmanとSE535での音質でも。
あ、音質評価は完全に私の主観ですので、個人個人で感想が違うことが多々あります。
その辺の理解、よろしくお願いします。






うん、音はすごくいいよ(笑)





CKS90からの乗り換えでしたからね。音がいいのは当たり前です。


どんな感じなのか。

う~ん、イヤーピース、フィッティングによって変わります。
シリコンだとフラットから弱ドンシャリといったところです。

以下、シリコンでの感想

低音はかなり締まってます。量は少ないけどしっかり聞こえますしモタモタして遅れてることなんて今まで感じたことはありません。結構スピード感が味わえます。

中音がこの機種の見せ場でしょうか。半歩ほど手前に来てます。カマボコタイプじゃんとか言われそうですが半歩ほどの差なのでカマボコなんて感じないです。艶がどうとかはよくわかりません。ただ試聴した10proよりははるかにいい中音域です。中音の鬼といわれるUM3Xは試聴したことがないので…

そして高音域。すんごいです。キンキンなります。CK10ほどではないにしろ高音は結構な量がでます。ただ、変にキラキラしているわけではなく音色そのままに出している感じです。だからたとえ刺さってもあまり不自然には感じません。これはいい。病みつきになるような音です。



音場は若干広めかなってところです。横よりも手前、奥の演出がうまいです。上下方向はそんなに広さを感じません。

フィット感は結構良好です。耳にすっぽり収まります。ただイヤーピースが固め(sonyのハイブリッドとかよりもかなり固いです)なので使っているうちにスポッっと取れてしまうかも。

でまあご存知かと思いますがケーブルがグルグル回るんですよ、これ。なのでつけたり外したりはかなり楽です。着けてからケーブルの回転をつかって耳の後ろに回せばいいので。

タッチノイズとか風切音はかなり少ない方だと思います。全然気になりません。



で、ここまでべた褒めですが欠点もあります。

なんといってもイヤーピースが取れないのなんの。くらべものにならないくらいとりにくいです。無理やりやると壊す恐れがあるので注意してください。コツとしてはカサの内側(sonyので色づけされてるところ)を爪で少しづつ押しながら出していきます。焦らず慎重に。

また、ケーブルが無駄に長いです。1.6mあります。私の身長(165cm)だと耳につけたら足までケーブルが届いちゃいます。家で使う分には動き回れるので良いですが外だとどうやっても余ります。ケーブル巻き取りのやつを一緒に買うことをおすすめします。

そしてホワイトノイズがかなり目立ちます。私はそんなに気にしませんがサーッっと結構な音でなります。嫌いな方は確認が必要です。



こんなところでしょうか。

以上の感想(特に音の部分)はシリコンイヤーピースを使った場合です。低反発イヤーピースを使うとまた音が変わります。それはまた後程。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。