スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エアロアンプ!

 2011-04-19
こんばんは

今日、モニター当選したaudio file社のエアロアンプが到着したのでレビューします。

使うのはもちろんwalkmanA855とこのために買ったFiio L5、SHURE SE535です。


注:当機はモニター機です。実際の製品版とは一部使用の異なる部分があるかと思います。ご理解のほどお願いします。







こちらがエアロアンプです!
PA0_0007.jpg

金属製で冷たいです。手前のジャックが出力、奥のジャックが入力です。ちなみにボリュームノブは画像の位置で最小です。一番手前のプラスチックのレバーを上にあげると電源が入ります。電源が入ると青LEDが光ります。


PA0_0005.jpg
大きさ比較です。walkmanA855、iPod touchと並べてみました。touchより少し小さくwalkmanと同じくらいの大きさです。また、角が丸いため単体では持ちやすいですがDAPとくっつけると少々持ちにくいです。DAPのケースの角に指が当たっちゃいます。


PA0_0004.jpg
厚さ比較です。


PA0_0003.jpg
つないでみたところ



実はこのアンプ、オペアンプが交換できる機種なんです。私はそんなものは持ってないので交換してみたりとかはしないですが。で、交換するなら基盤出すんだろうということでやってみました



PA0_0002.jpg
分解して基盤とか全部だしちゃった(六角レンチはボリュームノブを取り外すのに使いました)


PA0_0001.jpg
基盤のアップ


それでよくよく観察すると面白い点を発見。この子のフェイスプレート、アンプの名前が彫られていません。さらにLED用の穴を開け間違えたのかボリュームノブ用の穴の左下、時計でいう8時のところに不自然な穴があいています。


PA0_0000.jpg
フェイスプレートのアップ


さて、では音質のレビューいきますか。

直と比べると低音域の迫力が増えました。バスドラムやベースがしっかり耳に入ってきます。硬すぎず軟すぎずちょうどいい感じです。高音域は見通し良くなり、よく伸びるようになりました。余韻の表現もしっかりしてます。シャンがシャァンになりました。音の分離も良くなりました。真ん中に集中していたのが左右にばらけたためちょっと音場が広くなったかなという印象もあります。ただ分離の良さと引き換えに音が少し遠くなりました。EX1000みたいですね。当たり前ですがホワイトノイズはほぼないです。

ただ、残念なことにソースによっては高音域の改善でサ行が刺さる、高音が刺さるといった現象が起こるようになりました。またボーカルがカサつくことも。ボーカル表現は直のほうがうまいのかなといった感じです。またギャングエラーも発生します。普段使いならそれほど影響はありませんが寝るときに静かに音楽をかけるのにはちょっと厳しいかもしれません。電源を入れたり切ったりするときにプツッという音もなります。これも大きな音ではないです。



今日の4時過ぎに来たのでまだ全然鳴らしこんでいませんがいかがでしたでしょうか。比較相手がs-master搭載機なのですべての面でアンプ通した方がいいとはなりませんでしたが、それでもアンプを通した方が改善されるところが多かったです。

モニター期間は2週間です。その間にどれだけ変わるか、とても楽しみです。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nisityuuwordka.blog55.fc2.com/tb.php/13-16c4c98f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。