スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

iBasso P4

 2011-04-29
買っちゃいました…

iBasso P4
HI3F0519.jpg

iBasso社のポータブルヘッドホンアンプです。日本じゃ正規販売はしていないです(ヨドバシとかヤマダでは置いていません)。なので購入の際はご注意を。


このP4、実は私が海外から購入したものではございません。Twitterでのとある方に格安で譲っていただきました。本当にありがとうございます。



では早速P4と手元にある試作型AIRO-AMPとの比較にいきますか!


P4.jpg

厚さ。P4のほうが厚いです。写真で見る限りAIROのほうが横幅がありそうですが実際は変わりありません。やはり丸っこいボディが視覚的に影響しているのでしょうか。


P4 2

長さ。AIROのほうが長いです。10mmくらい。P4のロゴ、かっこいいですね。ロゴなしもシンプルでいいですがやはりロゴはあった方がかっこいいと私は思います。


P4 3

walkmanも併せて撮ってみました。やっぱり黒で併せた方がいいですね。



P4は艶消しの黒でマットな質感です。金属的な冷たさは皆無です。冬場はうれしいですがこれからの夏はマット仕上げはちょっと個人的には困りますね…手跡が大量に残ります…

また、電源スイッチが固いです。指先で軽くパチッとはできません。少し力が必要です。誤作動防止にはこれくらいがいいのでしょうが…



さて、では音質のほうに移りましょう。

いつもの通り、walkmanA855 + Fiio L5 + SHURE SE535で聞きます。


おおおおお!

デフォルトの状態でもかなり音が変わります。全体的に音が締まり、一つ一つの音の輪郭がはっきりと感じられるようになります。低音過多とかバランスが崩れるようなことはありません。元のバランスを生かしながら音を鮮明にさせる感じ。いや~すごい。ただ、電源のオンオフのときに大きなノイズ(ブチっ)が入ります。ここは良くない。




では開腹してオペアンプを交換してみます。


開腹させるにはフロント・リアパネルにあるネジのうち上2つを付属のレンチを使って取り外します。そうするとボディの上半分だけが開きます。これで交換できるようになります。



個人的にはデフォの状態よりも付属でついてくるOPA604を積んだ時のほうが好きですね。ギャングエラーも少ないし、電源を切った時のノイズも少ないです。ただ電源を入れたときはプチッとノイズが入りますのであまりイヤホンにはよくないかもしれません。音もすっきり感はそのままに若干低音を増やした感じです。




AIROとの比較ですが、AIROは高音と低音を強調していますがP4はどの音域も強調することなく自然に鳴らします。まあでもどちらもオペアンプが交換できる機種ですので音を近づけることは可能かと思います。

そんなこといっちゃうと余計にAIROの立場が…いや、薄くて持ち運びはしやすいという利点はあるんですけどね…



まあ、初めての自分用のポタアン買っちゃいました!これからいろいろといじって遊びたいと思います!

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nisityuuwordka.blog55.fc2.com/tb.php/16-ddb0c0fa

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。